So-net無料ブログ作成
検索選択

猫ひろし カンボジアの兵役義務を無視か!?事実はどうなの? [芸能]

お笑い芸人でカンボジア国籍の猫ひろしさんが、東京マラソンで自己最高記録を更新し、
話題を呼んでいますね。

猫ひろし.jpg

2012年の2時間30分26秒という記録を大幅に更新し、2時間27分52秒という記録をたたき出し、
来年のリオデジャネイロ五輪出場の可能性を高めています。







さて、猫ひろしさんといえば、2012年に行われた、
ロンドンオリンピックに出場するため、カンボジア国籍を取得して話題になりましたね。

国籍を取得するも、残念ながらオリンピック出場はできませんでした。
<関連記事はこちら

しかし、順調に成績を伸ばしてきていますので、来年のリオデジャネイロで行われるオリンピックに出場するかもしれませんね。

もちろん国籍がカンボジアですので、カンボジア代表としてですが(笑)





div style="border-left: 10px solid #0000ff; border-bottom: 2px solid #0000ff; padding-left: 10px; font-weight: bold; text-align: left;">猫ひろしは、カンボジアの兵役義務を全うしなければいけないのか?

さて、カンボジアといえば、徴兵制度がある国です。

カンボジア国籍を取得している猫ひろしさんですので、
いくら日本人顔をしていようが、元日本人だろうが兵役義務が伴うのでは?
と疑問に思う人も少なからずともいることと思います。

しかし、猫ひろしさんがカンボジア国籍を取得したのは、
2011年の11月頃です。
<詳しくはこちらの記事をご覧ください>

この頃のカンボジアの兵役は、完全義務化されてはおらず、
志願制だったようで、ギリギリ受けなくても受けてもどちらでもよかったみたいですね。

しかも、カンボジアの兵役義務の服役期間は18歳〜35歳ということで、
2015年の現在では猫ひろしさんは、37歳ですので、
既に受けなくてもいい年齢になります。




div style="border-left: 10px solid #0000ff; border-bottom: 2px solid #0000ff; padding-left: 10px; font-weight: bold; text-align: left;">カンボジア国籍を取得した猫ひろしは、日本国籍に戻れるのか?

もしも、猫ひろしさんが再び、日本国籍に戻りたい、取得したいと思った場合取得できるのか?

結論から言えば、カンボジア国籍から日本国籍に戻ることは可能なようですね。
このことを、『帰化』というそうです。

ただし、条件があるようです。

●日本に5年以上住まないといけない

これは、基本的な条件となります。
上記のほかにも、色々な条件があるようです。

しかし、どうやら普通に日本で5年以上暮らしていれば
満たせる条件のようです。


実際に猫ひろしさんが、カンボジア国籍から再び日本国籍に戻りたいと思っているかは、
わかりませんが、戻ることはできるんですね。


※関連記事


猫ひろし カンボジアに住む?!現在の生活は?
<猫ひろしVS川内優輝>アジア大会マラソン出場決定!勝つのは?

スポンサーリンク




こちらの記事も読まれています


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。